統計・データ

その他

DATA読解、2月の住宅着工戸数

 国土交通省が発表した2月の新設住宅着工は、前年同月比1.0%増の6万689戸だった。18カ月連続で増加したものの、分譲住宅は3カ月ぶりに減少、持ち家も18カ月ぶりに減少に転じるなど着工の伸びにブレーキがかかった。消費増税に伴う駆け込み需要の反動減に加え、マンションの建築費高騰も影響した。  地域別では、九州を除くすべての地域で分譲住宅が前年割れとなった。関東で15%減となったほか、中部、近畿は3 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月7日