行政

その他

「情報ストック」基本構想まとまる、宅建業者の利用想定、国交省年度内に試作版開発、レインズ情報に連動

 国土交通省は9日、不動産に関する情報を一元化する「不動産情報ストック」の基本構想をまとめた。主な利用者を宅建業者とすること、レインズと連携することなどシステムの全体像を示した。16年度以降の本格運用を目指し、今年度中にシステムの試作版を開発、来年度に一部地域で試行運用を行う。  不動産情報の集約によって宅建業者の業務を円滑化することで、中古住宅の取引を活発化するのが不動産情報ストック構築の狙い。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日