行政

その他

まちの省エネ化で浦安市など支援、国交省

 国土交通省が2013年度事業として実施した「まち・住まい・交通の創蓄省エネルギー化モデル事業」で、千葉県浦安市など5地域がモデル構想を策定した。  浦安市は、下水道が排出する「下水熱」をエネルギーに転換するシステムの構築を提案。今後、モデル事業の具体化に乗り出す。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日