その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾(17)、修理代の取り扱い(1)修繕費と資本的支出

 不動産経営をしていく上で、物件の修繕・維持は必要不可欠である。この際に支出した金額は、税務上、修繕費と資本的支出とに区分される。  修繕費として区分された支出は、支出額全額をその年の費用として計上することができる。一方、資本的支出とされた場合には固定資産として計上し、当該固定資産の法定耐用年数の間にわたる減価償却によって、少しずつ費用として計上される。すなわち、資本的支出に該当した場合には、支出 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日