その他

連載

CFネッツ流 大家実践塾、(107)、夜逃げした家賃滞納者には泣き寝入り?、転居先を調査は可能、「追跡」「督促」で家賃回収

 借り主が、家賃を滞納したまま部屋から夜逃げしてしまうと、その借り主からの滞納家賃の回収をあきらめてはしまわないだろうか。  “借り主の行方が分からないから”“借り主には資力がないから”といった理由で、借り主の追跡と督促を怠ると、回収できる可能性のある滞納家賃をみすみす取り損なう。  まず、夜逃げしてしまった借り主を追跡してみたい。借り主が夜逃げしてしまった部屋の住所を管轄している市役所や区役所な ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日