その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(988)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、競売価格が基準価額を下回る地主の許可次第で価値が決定、借地権付物件の商品化

 売却率100%が続く東京地裁競売市場であるが、そんな中でも、競落価格が売却基準価額を下回り、入札本数も1本のみという物件もある。そういう物件は借地権付建物であることが多い。  3月25日開札で京成本線「堀切菖蒲園」駅徒歩約4分に立地する借地権付建物が開札になった。土地は幅員4メートル未満の私道をはじめ3本の道路に面し、約150坪ある。建物は、廃屋とも言うべき工場などで、ゴム、プラスチックなどを扱 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日