不動産流通・売買・仲介

その他

東急リバブル、台湾に合弁会社設立、インバウンド取り込み強化

 東急リバブルは10日、台湾人の対日不動産投資の取り込み強化を目的に台北市に合弁会社を設立したと発表した。  台湾人投資家との取り引きが急増しているため、引き続き取引拡大が見込めると判断。出資比率は80%で、総合雑貨店を展開する台隆工業股イ分有限公司が20%となる。  現地企業の資本を入れることで台湾人の信頼が得やすく営業に優位と考えて合弁会社にしたという。合弁先は東急グループとの関係も深い。   ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月14日