ハウス・住設

その他

全9社が2桁減少、ミサワは通期マイナス、大手戸建3月受注

 大手住宅メーカーの3月戸建て受注は、発表した9社全てが2桁減少した。3月期企業の通期ベースではミサワホームがマイナスになり、そのほかも上期末時点の2桁増から数%増にとどまった。各社、今月下旬から発売する新商品で展示場への集客数を増やし受注回復を図る。  住友林業は東日本と西日本、東海の全地域で前年を下回った。受注単価は太陽光発電システムや家庭用燃料電池などの環境配慮機器搭載率が上がっていることか ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日