行政

その他

震災後初のエネルギー基本計画策定、政府

 政府はこのほど、東日本大震災以降で初めてとなるエネルギー基本計画を策定した。原子力を「重要なベースロード電源」に位置づけるとともに、震災で表面化したエネルギー供給の脆弱性を踏まえ、再生エネルギーを含めた「多様化・多層化した柔軟なエネルギー需給構造の構築」の実現を目指す。  2020年までに、標準的な新築住宅をエネルギー効率に優れた「ネット・ゼロ・エネルギーハウス」とすることや、新築住宅・建築物に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日