行政

その他

シンクタンク予測、20年から世帯数減少、単身・高齢化が急加速

 国立社会保障・人口問題研究所は、2035年までの世帯数の将来推計を発表した。日本の世帯数は2020年まで増加が続くものの、35年までには沖縄県を除くすべての都道府県で世帯数が減少する。全世帯に占める高齢世帯の数は20年にはすべての都道府県で3割超となり、人口減少と高齢化が加速する。調査は5年ごとに発表している。   10年に5184万世帯だった世帯数は、15年に10年比2.0%増、20年に15年 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日