行政

その他

生産年齢人口32年ぶりに大台割れ、総務省

 総務省が15日発表した昨年10月1日時点の人口推計で、国内の生産年齢人口が32年ぶりに8000万人を下回ったことがわかった。人口に占める65歳以上の割合は25.1%と初めて4分の1を超え、少子高齢化が加速している。  総人口は1億2729万8000人で、前年から0.17%減少した。減少は3年連続だった。出生児数から死亡者数を引いた自然増減は7年連続の減少。男性が9年連続、女性が5年連続で減少。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日