不動産流通・売買・仲介

その他

外需は依然旺盛、台湾人、湾岸物件“まとめ買い”、じわり20年東京五輪効果

 住宅・不動産業界のインバウンド需要の取り込みが激しくなってきた。資産デフレに向けた動きが本格化する中で、海外勢から熱視線が注がれている。収益に結び付けたい各社の主導権争いも増す。直近の動向を追った。  2020年東京五輪の開催決定が大きい。資産インフレを見込んだ外国人が注視する。  3月に米国投資家を訪問した証券大手アナリストは、「米投資家は、これから東京湾岸に1.5万戸超の新築マンションの分譲 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日