その他

連載

先端を読む(341)、住宅ジャーナリスト・櫻井 幸雄の現場レポート、郊外ファミリー向け新ブランド、サンケイビル「ルフォンソレイユ小平小川町」、コスト抑えても、高い基本性能

 サンケイビルが、新ブランド「ルフォンソレイユ」を生み出した。郊外エリアでファミリー世帯のために、「家族の笑顔を明るく照らし出す」マンションにしたい、という思いを込めた新シリーズである。  その初弾として分譲されるのが、「ルフォンソレイユ小平小川町」だ。住戸は平均で約76平方メートル。約65平方メートル角住戸が2500万円台からの予定だ。  華美な設備仕様は省かれるが、建物の堅牢さや快適性、見栄え ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日