不動産流通・売買・仲介

連載

2014年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、不動産取得意識高める納税制度、米国の税金と不動産取引

 4月15日は個人向け確定申告の締め切り日だった。日本のサラリーマンの場合は年収2000万円を超えないと、確定申告の必要はないとのことだが、米国ではほとんどの所得者が確定申告の義務を負う。一方で、不動産の取得から保有、売却を通じて節税メリットを実感できる時期でもある。 ■オバマ・ケアで負担増も  米国では年末調整といった日本独自のシステムはない。個人が1年の収入と必要経費を算出し、これに年金積 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年4月21日