行政

その他

フラット35 13年度は14%減、優遇措置の終了響く

 住宅金融支援機構は2013年度のフラット35実績を発表した。  申請戸数は、前年度比17.1%減の9万7099戸、買取(融資)戸数は同14.1%減の7万2676戸とそれぞれ減少した。環境性能の高い住宅に対して金利を優遇するフラット35Sエコが12年10月に終了したことや、昨年4月にフラット35の10割融資が終了したことなどが影響した。フラット35の10割融資は今年2月に復活している。

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月5日