行政

その他

中古住宅の性能評価、劣化、省エネ追加へ、国交省

 国土交通省は、中古住宅の住宅性能評価制度を見直し、劣化対策と省エネルギー対策に関する項目を新たに追加する。新築住宅の評価基準をベースに中古住宅の特性を踏まえた独自の基準を導入する。来年度の告示を予定している長期優良リフォームの認定基準としても採用する。  5月1日に初会合を開いた「中古住宅の性能評価検討会」(座長=深尾精一・首都大学東京名誉教授)が年度内に検討結果をまとめる。  住宅性能評価は、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月5日