その他

連載

競売物件 東京地裁 開札トピックス(990)、ワイズ不動産投資顧問・山田 純男、貸金の債権回収手段として占有賃借権の存否は不明でも認める、占有者に明渡しの6カ月猶予

 建築費が高騰している話はこのところよく耳にする。専有面積20~22坪の3LDKタイプのマンション1ユニット当たりの建築原価は2000万円に及ぶという。これでは、用地費や金利・利益を考慮すると、1戸当たり3000万円以内の新築マンションは供給できないことになってしまう。  そんな市況の中、4月10日開札では東武伊勢崎線「竹ノ塚」駅徒歩約20分の3LDKのマンションに22本の入札があったのに目を引か ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月5日