ハウス・住設

その他

大手住宅春の新商品、経済優位性前面に、大容量太陽光で売電

 大手住宅メーカーの春の新商品が出そろった。長期の売電収入が見込めるなど経済優位性や、相続税対策を前面に打ち出したものが多い。従来手掛けなかったエリアに進出する動きも見られる。消費増税駆け込み反動で受注減少が続くため、これまで以上に幅広い層を狙い、巻き返しを図る。 ■積水化学工業 電気自動車と連携、ミサワホーム 価格1千万円台に、  10キロワット以上の太陽光発電システム(PV)を搭載して、電 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日