開発

その他

三菱地所が新中期経営計画、3カ年投資額1.5倍の1兆円

 三菱地所は9日、2016年度までの3年間を期間とする中期経営計画を策定した。「計画期間中は、丸の内再開発の端境期となり、利益面の向上は限定的。将来の成長に向けて投資する”企業価値向上を実現する3年間”にする」(杉山博孝社長)。期間中に成長分野である海外事業に2400億円を投資するほか、ビル事業に6000億~7000億円を充てるなど前中計実績の6500億円を上回る1兆円超を投資する計画だ。  16 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日