行政

その他

東京の鉄道計画見直しへ、国交省の諮問機関始動

 国土交通省は、東京圏の都市鉄道整備計画を見直す。このほど始動した交通政策審議会が新線・新駅のあり方などについて2015年に答申する。20年の東京オリンピックを見据えた既存路線の延伸や、東京都心と成田・羽田をつなぐ都心直結線などの新路線などがテーマとなる見通し。  00年に策定した現行の整備計画は15年が最終年度となっている。同計画では、成田新高速鉄道線(スカイライナー)など653キロメートルの路 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日