地域業者

連載

駅前不動産屋奮闘記、出口地所・出口 和生、理想の会社

 中小企業の経営者の場合「一心不乱」に働いて当然ですが、経営が上手くいったらいったで驕(おご)り高ぶり、本業が疎(おろそ)かになるケースも枚挙にいとまがありません。経営にも高度な「心技体」が求められるのだと思います。  世の中には「尊敬できる経営者」や「尊敬できる会社」というのが存在する一方、お金儲けは上手いけれど、どうしても尊敬できないというケースも見かけられます。そういった人たちは長いスパンで ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日