その他

連載

政治・経済情勢から見る住宅不動産の針路(32)不動産コンサルタント長嶋修、入居後6年で水漏れ発生、床、壁に甚大な被害

 最近、「この中古住宅は瑕疵保険が付いているから大丈夫ですよ」といった営業トークがよく聞かれます。ただ、瑕疵保険があるからと言って、建物が長持ちするというわけではありません。  さくら事務所のホーム・インスペクター(住宅診断士)が診断した築16年の住宅を例に見てみましょう。この住宅は、入居から6年後に水漏れが発覚したとのことです。  【写真1】はフローリングをはがしたところ。水道配管からチョロチョ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日