統計・データ

その他

4月景況感、過去最大落ち込み、帝国データ不動産業界1.2ポイント減

 帝国データバンクが7日に発表した全国の景気動向によると、4月は、前月比4.2ポイント減の46.8となった。消費増税を受けてリーマン・ショック後の影響が広がった08年12月を上回る過去最大の落ち込みとなった。駆け込み需要が大きい小売は10.7ポイント減となり全業種で悪化した。  人手不足が深刻な建設(3.1ポイント減)や運輸・倉庫(5.3ポイント減)など4業種でも過去最大の落ち込みだったが、不動産 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日