その他

連載

弁護士・金子博人の重要判例ピックアップ(133)、競売不動産内の自動車から死体。執行官に注意義務はあるか、特段の事情がない限り、自動車内部までを調査対象とせず

【はじめに】  Xは、東京地裁の不動産競売において買い受けの申し出をし、売却許可決定をえたうえ買受代金1471万円を支払って、練馬区所在の土地、居宅、車庫、物置の所有権移転登記を受けた。ところが、Xの従業員が本件建物に立ち入ったところ、1階車庫に駐車されていた本件自動車内に、遺体を発見してしまった。硫化水素中毒による自殺とみられ、それは本件不動産の所有者の遺体であることが判明した。  死体があるこ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日