その他

連載

住宅時評 トレンドを斬る(787)、ハウジングライター・藤原 利彦、パナホーム、工業化多層階住宅を拡大、建築費上昇が追い風、3大都市圏に専門営業拠点

 昨年秋以降、住宅メーカーの受注は大幅減が続き危機感が強まる中、パナホームは成長期待が高まっている工業化多層階住宅(重量鉄骨造、ビューノブランドで展開)を拡大する。4月16日にJR川崎駅前に『ビューノプラザ川崎』、20日に『ビューノプラザ大塚』を開設したのに続き、5月31日には中野にも開設する。今年度中には大阪、名古屋にも店舗を広げる。  「ビューノプラザ」は、容積率の高い防火地域に拠点を構える地 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月12日