行政

その他

中古住宅で委員会設置、高齢者の住宅活用検討、自民党

 自民党は14日、住宅土地・都市政策調査会(金子一義会長)を開き、中古住宅市場活性化小委員会を設置した。ライフステージに応じた住み替えを可能にするリバースモーゲージの普及策などを検討する。小委員長には、昨年まで国土交通副大臣を務めた鶴保庸介氏が就任した。  中古住宅政策をめぐっては、国土交通省の「中古住宅市場活性化ラウンドテーブル」などで市場拡大に向けた議論が進んでいる。最近では建物評価の見直し、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日