不動産流通・売買・仲介, 団体

その他

FRK、東京の中古流通9.3万戸、11年既存住宅流通量推計「豊島」「杉並」「墨田・江東」が増加

 不動産流通経営協会(FRK、竹井英久理事長)は14日、建物売買による所有権移転登記個数をベースに「既存住宅流通量の地域別推計」をまとめた。全国ベースの推計値(2011年)は45万4000件だった。  都道府県別では、東京都の9万3000戸が最も多く、大阪府と神奈川県が同戸数の4万7000戸で続いた。流通比率は、首都圏と比べて新設住宅着工総数の少ない近畿圏で高く、京都府が46.7%とトップだった。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日