その他

連載

【ひと】「相続知識を一般市民に広めたい」、相続のまど口代表耳田冬樹さん

 不動産業に長年従事し、目黒区のアネックスハウジング取締役として不動産コンサルティングを手掛ける。相続知識を身につけようと、相続アドバイザー協議会の養成講座を受講。協議会の芳賀則人理事長の“相続は誰もが当事者になる。7歳になったら小学校に通うように、50歳になったら相続学校”という理念に共感。新会社・相続のまど口を設立して「50歳になったら相続学校東京城南校」を開校した。  受講者は現在のところ、 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日