行政

その他

住宅ローン新規融資、13年度上期は5%増、住宅金融機構調べ

 全国の主要金融機関が2013年度上半期に新規で貸し出した住宅ローンは、前年同期比5.5%増の9兆9536億円となったことが住宅金融支援機構の調べでわかった。   内訳は、国内銀行が7兆802億円(前年同期比4.9%増)、信用金庫8778億円(同6.0%増)、労働金庫7935億円(同23.9%増)などと伸ばした。  一方、住宅金融支援機構(買取債権)は9490億円(同6.7%減)となった。フラット ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日