分譲, 統計・データ

その他

四半期業況、年の後半へ向け供給増、マンション・戸建て回復示す

 建設物価調査会(東京都中央区、清治真人理事長)は、不動産会社を対象にした四半期毎の業況アンケートを実施した。 マンション・戸建てともに4~6月期は販売戸数が大幅に減少するものの、7~9月期では改善する見通しであることがわかった。  年の後半にかけて供給数を増やす意欲的な販売に打って出る姿勢がうかがえる。  調査は「前期の販売実績」「当期見込み」「1期先・2期先計画」についてアンケートし、「大幅に ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日