その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾(21)、土地・建物の案分、評価額のほか売買額から算定も

 中古マンションを購入した場合、適正な税務処理を行うためには土地と建物の取得価額を区分する必要がある。売買契約書によってそれぞれの金額が明らかになっている場合は何ら問題ないが、中古マンションはそうでない場合が多い。明らかでない場合の区分方法について裁決事例があるので、今週はこれを紹介する。  裁決事例の概要は以下の通りである。個人Aが平成7(1995)年12月に平成3(91)年6月に建築されたマン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日