不動産流通・売買・仲介

その他

パネルディスカッション、マレーシア代表不動産投資家キャビン・ティー氏日本、ロンドンより魅力的ではない

 世界を見ると、ニューヨークやロンドンは情報収集など不動産市場が開放されていると感じるが、日本は他の先進国に比べて開放されていない。物件選択から購入までさまざまな申請書類が日本語に限られているのが不便だ。  現状、東京湾岸地区のマンションの購入では、華僑系が2割程度を占めているが、別に驚くべき数字ではない。かつてロンドンでは華僑系が40~50%に達した。頻繁に北京を訪れるが、中国人の目に東京はロン ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月19日