不動産流通・売買・仲介

1面トップ

売買取引、全面回復、2013年度仲介実績本紙調べ、流通大手、軒並み過去最高、質・量伴う業績改善を実現

 主な不動産流通各社の2013年度の仲介実績が出そろった。集計した23社すべての取扱件数が前期に比べて増え、手数料収入も22社が同様に増加した。取扱高は減少と横ばいが1社ずつにとどまっており、不動産取引は全面的に回復した。アベノミクスに加えて昨秋、2020年東京五輪の開催が決まり脱デフレの期待感がいっそう強まったことを受け、各社とも売買が息を吹き返したことを実感する。取扱価格は17社で増え、価格の ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日