開発, 分譲

特集

【明日のマンション開発を考える特集】「安定供給」と「品質強化」、ストックビジネスや新市場開拓も、住宅・不動産ジャーナリスト目黒孝一

 人口減少、少子高齢化でマンション事業は未知の世界に突入する。地方の専売特許となっていた人口減少と少子高齢化は首都圏でも一層、進む。「人口が減ること」の圧力は、中長期的には新築分譲市場の伸びが見込めないことを意味する。デベロッパーの間では、「分譲事業は間違いなく減ってくる」との認識から、新築分譲では安定供給と品質の強化に注力する一方、ストックビジネス拡大への基盤整備、さらには新市場開拓も視野に入れ ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日