行政

その他

国家公務員宿舎の売却、つくば市の計画に合意、財務省関東財務局

 財務省関東財務局と茨城県つくば市は20日、市内にある国家公務員宿舎の跡地35haについて、2019年までに段階的に売却していくことで合意した。政府は、16年度までに市内の宿舎跡地を削減する計画を掲げているが、市側は用地を一度に売却するとまちづくりなどに大きな影響があるとしてスケジュールの見直しを求めていた。  12年に策定した政府の削減計画は、16年度までに全国5万6000件の公務員宿舎を処分す ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日