開発, 不動産流通・売買・仲介

その他

「難あり不動産」多彩な出口、アズパートナーズシニア住宅・権利調整で再生、潜在価値を生かす、オーナーへ最適な提案、不動産は“加工力”

 収益を生まなくなった遊休不動産や、権利関係が複雑で売却が難しくなっている不動産は数多い。こうした不動産の再生事業を、介護付き有料老人ホームを手がける主力のシニア事業とともに事業の中心に据えるアズパートナーズ(東京都千代田区、植村健志社長)。そのままでは売買が難しい不動産をどのように再生していくのか。伊藤啓敏・不動産事業部長に戦略を聞いた。  --オーナーにとって不動産再生は大きな課題です  「都 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日