その他

連載

不動産投資家のための知って得する税金塾(22)、節税効果高い設備、土地・建物と同様に価額按分

 今回は、建物と建物附属設備の価額按分方法を紹介する。  建物附属設備は建物に比べて耐用年数が短く、また定率法を採用することができるため、建物よりも法人税・所得税の節税効果は高い。建物と建物附属設備の価額が明らかになっている契約書はほとんどないと思われ、何らかの合理的な方法によって区分する必要がある。先週は1100万円の中古マンションを536万6900円の土地と563万3100円の建物に区分した。 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日