統計・データ

特集

【明日のマンション開発を考える特集】変化する日本人の立地神話 実質的な利便性を重視/高台から平地、駅近から商近へ

 ここまで、商品企画の重要性について書いてきた。では、立地はどうか。  日本では昔から「駅近」と「高台」の人気が高かった。駅に近い場所はとにかく便利。通勤・通学・買い物が楽だし、将来も高く売れる。だから、「駅近」の物件を買っておくべきという“神話”に似た発想がしつこく根付いていた。  “神話”の例外となっていた場所が「高台」。高台であれば、洪水の不安がなく、見晴らし良好で外敵を発見しやすい、日当た ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日