開発, 分譲

特集

【ワンルームマンション特集】供給回復も強まる規制、一定の効果、事業者は負担に

 首都圏の投資用ワンルームマンションは、低金利や年金不安を背景に、1990年代後半から00年代にかけて急速に供給数を伸ばした。08年以降はリーマンショックなどで事業者の倒産が相次いで供給戸数が大幅に減少したものの、10年を境に供給数は回復傾向を示している。相続増税を控え、富裕層を対象に資産組み換えニーズの受け皿にもなっている。一方で、建設規制による土地活用の阻害や入居者ニーズに見合った供給ができな ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日