その他

連載

不動産金融のチカラ(97)、澤田 考士、投資家層のさらなる多様化への期待

 不動産証券化は、不動産証券化商品への投資を通じて不動産の魅力を享受できる新たな投資ルートを創出する仕組みともいえる。  新たな投資家層による不動産証券化商品への投資が拡大すれば、不動産価格が特定の投資家層による投資行動の影響を受けにくくなる。また、不動産投資への資金の出元が多様化することで、買い手が不足しづらくなる。すなわち、投資家層の多様化が実現すれば、価格安定化や流動性向上が実現することが期 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日