その他

連載

2014年 米国不動産動向を探る、奥田“サム”貞沖、穏やかに回復する住宅市場

■格差拡大で高まる賃貸ニーズ  5月に入り、週末の住宅街にはオープンハウスの看板が目立ち始めた。景気の先行き期待から、マイホーム取得を目指す人が戻り始めている。一方で国内の金融政策では、バーナンキ元FRB議長の政策を踏襲したイエレン新議長の下で、堅調な金融緩和が続いている。当面は大きな波乱要因もなく穏やかな回復が予想される住宅市場の現状を探ってみた。 ■米国雇用市場の現状  国内景気の回復を感 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2014年5月26日