行政

その他

国土強靱化アクションプラン、最悪を想定し耐震化加速

 国土強靭化アクションプラン2015の策定を進める内閣官房は4月28日、ナショナルレジリエンス(防災・減災)懇談会を開いた。アクションプランでは、地震時に危険度が高い密集市街地の解消や住宅などの耐震化の推進、災害リスクの高いエリアでの地籍調査に加え、BCP対応の設備投資を促すため数値目標を設定。各プログラムごとに進捗状況を把握するための方策や、取り組むべき具体的な施策を決める素案策定に向けて検討し ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月11日