不動産流通・売買・仲介, 統計・データ

その他

東京カンテイ、中古と新築で価格逆転、戸建住宅供給調査の初弾発表都内市況は安定

 東京カンテイは、戸建住宅の供給動向の調査を新たに始めた。毎月発表する。初弾として5月7日に3月の首都圏の供給動向をまとめたところ、新築戸建ての平均価格は3365万円で前月比0.4%の上昇だったが、昨年4月の3405万円からは1.2%下落した。  都県別で見ると、東京都は前月比0.7%上昇し4226万円と今年2月以降からの上昇傾向を継続。神奈川県は3651万円(同1.1%下落)、埼玉県が2959万 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月11日