不動産証券化

その他

投資・資産運用・賃貸経営、不動産証券化協会、Jリートの魅力発信、個人投資家の参入に期待、証券専門紙と地方都市で本格開拓

 個人の資産運用先としてJリート(不動産投資信託)の存在感がじわりと増している。低金利が続くなかで少しでも資産を増やしたいと考え、3%程度の配当金利回りに着目する個人も増えた。NISA(小額投資非課税制度)もあいまってリートへの注目が集まっている。ただ一般株と比べて個人の認知度は今ひとつ。普及に向けた不動産証券化協会(ARES)の取り組みを紹介する。  Jリートは投資家から集めた資金を使いオフィス ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月11日