賃貸管理

その他

賃貸入居で地域差、日本地主家主協会・岡田光雄理事長に聞く、東急元住吉と東東京が好調

 消費増税や1月からの相続税改正などの影響で、賃貸住宅の着工数が増えている。新築物件が大量供給されているため、空室に悩む既存物件オーナーが少なくない。日本地主家主協会の岡田光雄理事長は現在の状況を「勝ち組大家と劣勢大家に二分される」と話す。  --1~3月の賃貸繁忙期の総括を  「これまで以上に地域による差が大きかった。良かったのは東急東横線元住吉駅と東東京地区。隣の武蔵小杉駅はJR3路線と東急電 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月11日