開発

その他

6年ぶり空室4%割るCBRE調べ東京オフィス

 シービーアールイーがまとめた15年第1四半期のオフィスビル市場動向によると、東京のオールグレード(延べ1000坪以上)ビルの空室率は3.9%となり、19年第1四半期以来6年ぶりに4%を下回った。  グレードA(基準階500坪、延べ1万坪以上)の空室率は前期より1.0ポイント上昇した。空室在庫を抱えていた新築ビルや2次空室の消化など2万7000坪の新規需要があったものの、大きく空室を抱えて竣工した ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月11日