賃貸管理

その他

大和ハウス、城下町向け賃貸発売、街並み規制に対応、漆喰や土壁を採用、提案力高め受注増へ

 大和ハウス工業は8日、城下町や宿場町向けに自然素材を採用した賃貸住宅を発売した。土や紙を多用した木造在来工法で、各地の厳しい街並み規制に対応する。特にこれまで受注できなかった伝統的建造物保存地区での受注を強化して、相続税改正などで需要が増えている賃貸住宅建築請負を強化する。  全国には8市町村・109地区の伝統的建造物群保存地区がある。地区は年々増加しているため有望な市場と判断した。  外観は漆 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日