行政

その他

IT重説の社会実験に向け、参加事業者の責務発表

 国土交通省は、重要事項説明にITを活用するための社会実験に向けて、参加事業者の責務などを示したガイドラインを公表した。  社会実験の対象となるのは「賃貸」と「法人間」の取引。動画と音声を同時に双方向でやり取りできるシステムを使い重説を行う事業者を募集する。電子メールのみでのやり取りは対象としない。現在、事業者の登録を受け付ける専用ウェブページを準備中で、登録は事業者名などのほか実際に重説を行う宅 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日