不動産流通・売買・仲介

特集

「宅建士、誕生」、リクルート住まいカンパニー野口孝広社長に聞く、消費者に最適情報を提供

 4月から「宅地建物取引主任者」の名称が「宅地建物取引士」となり、住宅・不動産業界が大きく変わることになる。生活に欠かすことのできない「住まい」を紹介する上で、「安心」「安全」「信頼」といったキーワードの重要性がさらに増しているなか、業界と一般消費者を結び付ける「物件情報」を取り扱う企業のさらなる発展が期待されるところだ。週刊住宅新聞社と住宅新報社は、物件情報の代表企業であるアットホーム、ネクスト ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日