行政

その他

高齢化の都市政策、最終報告書を公表、OECD

 OECD(経済協力開発機構)は「高齢社会における持続可能な都市政策」プロジェクトの最終報告書として「都市における高齢化」を公表した。  同プロジェクトは高齢社会での都市の役割を提案することを目的に8カ国9都市をケーススタディとした。日本では横浜市と富山市が協力した。  報告書は高齢社会を「問題」ではなく新たな成長の「機会」と捉え、各都市で実施している政策を分析。富山市のコンパクトシティ政策や横浜 ...

この記事(ページ)は登録してあるユーザのみご覧いただけます。
登録されている方はログインしてからご覧下さい。

既存ユーザのログイン
 ログイン状態を保存する  
新規ユーザー登録
 キャンペーンユーザとして登録
している
していない
* 利用規約 に同意する。
*必須項目

掲載日: 2015年5月18日